2学期に始めたいこと

新着情報

授業について(新型肺炎拡散防止に対する受講について)

☆2学期スタート生 受付中
 個別説明会ご予約・お問い合わせはこちらへ

各時間帯の受講可能状況(感染拡大対策により少人数受講となっております。2020/9/9更新)

新型コロナに打ち勝つために 学び続けよう
スクラムnext 高校数学 オリジナルテキスト 公開中(09.1更新)


学校の休校、4月中の塾休講に伴う学習の遅れについて(5月中旬での各生徒の様子から)

数学の使い方 「新型コロナ感染拡大率を計算」
  感染者数の増加の本当の意味が見えてくる。 東京・埼玉の計算結果公開中


☆2020年新学期 受講生 塾説明会・無料体験授業 受付中
 塾説明会・無料体験授業のお問い合わせはこちら

 新中1コース

 新中3高校受験コース

スクラムnext 2020年合格校/ 2019~2017合格校まとめ

難関科目を得点源に!

「勉強ができる人と勉強が苦手な人はどこが違うのかな?才能?
                じゃあ苦手な人は頑張ってもムリなのかな。」

私たちスラムnextが学習を根本から見直すきっかけとなった言葉です。
もう15年以上前、ある生徒からの問いかけでした。

そうして、勉強ができる人とできない人・・・
もっと正確に言えば、練習をしてできるようになっていく人と
練習をしてもできるようになっていかない人の違いを、観察してきました

すると、大学入試くらいまでの問題であれば、それほど才能は関係はないことが分かりました。
しっかりとした学習で、できるようになっていくのです。

しっかりとした学習で重要なのは2つだということも分かりました
1つは、よく言われているように、復習のしかた
もう1つは、勉強のしかた

勉強のしかたにも2種類あります。
1つは、繰り返しの学習です。
この学習は
  ・計算ができるできない。
  ・英単語を覚えているかどうか
などに変わります。

もう1つは、問題を解くときのプロセスのとりかた
この学習は
  ・応用問題ができるかできないか
に関わっています。

応用問題を解くとき、基本しか使いません。
そのため、基本はしっかりできるようになっていなければなりません。
次に、その基本が応用のための知識である必要があります。
この2つがそろえば、応用問題は問題文に従っていけば自然と解けます。

私たちスクラムnextの特徴は
 ①基本の徹底
 ②応用行動科学をつかった学習意欲と学習計画
 ③応用可能な基礎への基礎の底上げ
 ④応用プロセスを、1行1行いっしょに指導すること
このうち、③と④はスクラムnextが自信をもって指導してる最大の特徴です。

これらの学習が特に有効となるのは
数学(算数)・物理・化学・英語・現代文・小論文(作文)

受験の難関科目と言われている科目です
難関である理由は
 ・どう勉強すればいいかわからない人が多いこと
 ・練習問題をたくさん解いているのに、なかなかできるようになっていかないこと
 ・採点を受けてみたら、思ったより得点が出ていないこと(どう採点されているかが分からない)
などから、難関と言われています。

これらの科目は「どう勉強するか」に大きく左右され、
覚えればどうにかなる科目ではない科目なのです

多くの人は「勉強 = 覚える」になってしまっています
数学や物理、化学などでは「例題の解きかたを覚えて、練習と復習をくり返す」
英語では「単語や文法を覚えて多読する」
現代文や小論文は・・・「現代文って何を勉強するの?」という人も少なくありません

覚えればどうにかなる科目ではない、と言っても、もちろん基礎知識は必要です。しかしその量は通常思われている量より圧倒的に少ないのです。そしてその知識を使いまわすからこそ、定着は速く、より深い理解にも到達します。

今の入試は特別な知識は使われることは稀です。難問であっても基礎知識を使うことで解かれます。基礎の”活用力”が重視されています。高校入試でも、大学入試でも。

大切なのは「どう解くかを覚える」ことや「公式や単語を覚える」ことよりも、「基礎知識をどう使うか」を身につけること。

けれど、このような「基礎知識活用」のしかたは、あまり教えらえていません。
知識の活用力を学習するというとき、「考える問題を解くとこと」や「議論する」ということになりますが、このとき「考える」とか「議論する」というのは「具体的にどう組み立てるのか」、よりも「考えて解く」や「試行錯誤をする」といったことが強調されていることが多くあります。このような曖昧な学習では、何を身につけたらよいか、何を練習したらよいのかが曖昧ですから、練習はうまく進みません。

しかし、学校で学ばれている科目は、人間の歴史の中で体系的に精錬されてきたものですから、本来、もっと具体的に、体系的に練習を進めることができます。

スクラムnextは、このような学習を取り入れ、活用可能な基礎知識と、その活用プロセスを教えることで、基礎知識の活用を可能にしています。

活用力を身につければ、入試で目の前にある問題文は解きかたの説明書になります。

小学生から大学受験生、難関校の受験生から補習の生徒まで1行1行丁寧に教えていま。す

スクラムnext
さいたま市北区 土呂駅から5分ほどの盆栽町にある、少人数制の個別指導塾です

始めよう 応用可能な学習を

~ 入塾までのながれ ~
 ① 個別説明会にご予約ください
  ご予約・お問い合わせはこちらへ
 ②個別説明会
 ③無料体験授業の受講
 ④体験授業報告会(ご希望の方)
 ⑤ご入塾
 ⑥入塾2か月報告会(ご希望の方)

このページのトップヘ